fc2ブログ
広告

2008年07月31日 (08:04)

我が家のお稲荷さま。第17話「お稲荷さま。追いかける」

我が家のお稲荷さま。 限定版 【天狐盛りパック】 第壱巻我が家のお稲荷さま。 限定版 【天狐盛りパック】 第壱巻
(2008/07/25)
ゆかな中村悠一

商品詳細を見る
<簡易感想>
小学生なのに駆け落ちとは、透はなかなかのおませさんですね。
それにしても、
白ちゃんは可愛いすぎ(●´Д`)ハァハァ
でも、二人並ぶと白ちゃんの方が大きいんですね。
ちょっとビックリΣ( ̄□ ̄

そして、透を追跡するクーと月読&汨羅。
白ちゃんの正体は、ここでは省きますが、
なかなか厄介のようですね。
それから、なんと月読がクーを封印した人物らしいです。
でも、恨みは無いようですね。
まぁ、封印されたおかげで高上親子に会えましたからね。

そして、最近やたらと一緒にいることが多いコウと昇。
コウ、よくここまで上達したな(T-T)
でも、そんなで捜せるんですかね?

さらに、今週も六瓢ちゃんが登場。
ちょこちょこと登場してくれて嬉しい限りです^^
でも、見せ場を失って残念orz

ラストは、拝を頼って昇の学校に来た透が槐に見つかってしまいました。
って、美咲が妄想しなかった!?

う~む、どうやって解決させるのか予想出来ません。
相変わらず、予告はアテにならないしwww


次回「お稲荷さま。思い出をもらう」

FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参戦中

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://e102128.blog54.fc2.com/tb.php/918-1aef1a95

トラックバック

我が家のお稲荷さま#17

今週は公式サイトが更新されてません・・・な第17話

トラックバック

我が家のお稲荷さま。第17話 「お稲荷さま。追いかける」

シロちゃんの手をとり逃げ出した透。 友達に見つかり、追ってくる鬼たちを悪の宗教と説明(笑) 透に変装(?)して逃げてくれる友人A…い...

トラックバック

我が家のお稲荷さま。 17話「お稲荷さま。追いかける」

シロちゃんを連れて槐の追手から逃げる透は友達のアキとばったり遭遇。 悪の宗教集団に追われているところと説明して、時間稼ぎをして助けて...

トラックバック

我が家のお稲荷さま 第17話「お稲荷さま。追いかける」

次回予告、もう信じれません・・・・・今回も前回放送であった次回予告の映像、一切なし。これは後に語るとして、今回は白ちゃんの正体、また月読、汨羅の正体も明らかになりました。情報が盛りだくさんだし、それに展開も結構動いたなーと感じた回でした。

トラックバック

我が家のお稲荷さま。第17話

天狐♀「訊きたい事があるんだが…」 月読「何だ?」 天狐♀「なんで運転手が猫なんだ?」 月読「某ジブリ作品のバスにあやかろうと思...

トラックバック

トラックバック

我が家のお稲荷さま。 第17話 お稲荷さま。追いかける

=== 愛の逃避行 === [[attached(1,center)]] [[attached(2,center)]] 透がシロを連れて鬼から逃げ惑う話。 くうは月読の正体を聞かされシロに関しての情報を聞くも嘘であると分かり協力関係にあった月読と決別。 寒いだけだからいい加減あの予告辞めろよな・・・・・...

トラックバック

我が家のお稲荷さま。第17話「お稲荷さま。追いかける」

我が家のお稲荷さま。公式サイト 予想外に久保田君が何気に活躍していた今回。 え~、状況はかなりそれぞれの人の想い(皆、人ではないですが…)入り乱れていますね。六瓢代行のように、軽いノリならよかったのですが…。単純に一族の再興に必死に願う鬼族だけの問題と...

トラックバック

アニメ感想:我が家のお稲荷さま。 第17話「お稲荷さま。追いかける」

我が家のお稲荷さま。 第17話「お稲荷さま。追いかける」の感想です。

トラックバック

■我が家のお稲荷さま。 第17話「お稲荷さま。追いかける」

 シロちゃん、凄く可愛いなあ。  一生懸命、透の真似をしていたもん。  ううう、あれは破壊力有るですよ。  喋れないのが逆に、イタイケさ倍増だもん。  透とシロ

トラックバック

「我が家のお稲荷さま。」第17話

 第十七話「お稲荷さま。追いかける」槐のもとから逃げ出したシロちゃんは透と再会し、一緒に追っ手から逃げることに。一方、クーは、”保育係”と名乗る男と出会い、彼とともに透たちを遠巻きに追いかける。その道すがら、クーは保育係から白鬼の秘密と、透が槐に追われ...

トラックバック

アニメ「我が家のお稲荷様。第17話」

 我が家のお稲荷様。第17話「お稲荷さま。追いかける」の感想です。 我が家のお稲

トラックバック

我が家のお稲荷さま。 第十七話

 シロと駆け落ちした透。それを追う鬼と神族&クー。  シロは攻撃力は凄まじいがそ

トラックバック

(感想) アニメ 『我が家のお稲荷さま。』 第17話 「お稲荷さま。追いかける」

シロちゃんを連れて逃げる透{/m_0216/} 「大丈夫!!僕がなんとかするから」 そこに透の友達が現れます{/m_0139/} コソコソしている透は一度怪しまれるものの、いろいろ誤魔化していると、察しのいい友達君が、 「しょうがねーなー!!その愛の逃避行を手伝いましょう!!」 と

トラックバック

我が家のお稲荷さま。 第十七話

第十七話「お稲荷さま。追いかける」スリジャヤワルダナプラコッテ?ウソをつくなら首都名じゃなくてせめて国名にすればいいものを…まあ、かなり話のわかる友達でよかったね。

トラックバック

「我が家のお稲荷さま。」17話 お稲荷さま。追いかける

月読のことや汨羅、シロちゃんのことがだいぶわかってきた回。シロちゃんを透のとこに送ったのはまだ不明だったけどおそらく玉耀だろうね。...

トラックバック

我が家のお稲荷さま。 第17話

今回は空幻が行動を共にしていた2人の正体が明らかになるお話でした。 神族だか何だか知りませんが、空幻を封印した張本人だったとは。 百鬼の扱いも色々と拙そうで、空幻の言っていることが本当ならバカとしか言えないかと。 百鬼を連れて逃げる透は、詳細を言わな...

トラックバック

我が家のお稲荷様。 第17話 「お稲荷さま。追いかける」 感想

JUGEMテーマ:漫画/アニメ  再び透の元へと戻ってきたシロちゃん。    だが、鬼の一族はそれを許さない。 必死の捜索でシロちゃんの居所を探そうとするのだが・・・    シロちゃんを守ろうと決意した透。 今回、シロちゃんを守る為に、必死の逃避...

トラックバック

我が家のお稲荷さま』 第17話 観ました

今回のお稲荷さまは…戦闘の前段階のお話ですね。 前回、シロちゃんを連れて学校から逃げていた透くんでしたが、その透くんを追う鬼たちと、透くんを守るべく距離を置いて追跡しているくーちゃんと、そのくーちゃんと一時的に一緒にいるだけの月読(つくよみ)と眼鏡むね...

トラックバック

(アニメ感想) 我が家のお稲荷さま。 第17話 「お稲荷さま。追いかける」

我が家のお稲荷さま。 限定版 【天狐盛りパック】 第壱巻 追いかける鬼達から百鬼を連れ逃げる透。一方その頃、天狐は月読と遭遇していた。月読より百鬼の秘密を聞かされる天狐・・・そして天狐はある重要な事を思い出す・・・。

トラックバック

我が家のお稲荷さま。 第17話『お稲荷さま。追いかける』

やっぱりウソ予告であったか。傷だらけの男クーなんて 予告の中だけの生き物だったんだー!と かなり遅れての我が家のお稲荷さま。レビューでございます。
プロフィール

明善

Author:明善
プロフィール



<感想予定>
日曜:
月曜:
火曜:
水曜:
木曜:
金曜:
土曜:
オススメ商品!
RSSフィード

Appendix


ランキング
同人サークル
JOKER TYPE:西又葵 HEART-WORK:鈴平ひろ ESSENTIA:藤真拓哉 翡翠亭:和泉つばす 有葉と愉快な仲間たち:有葉 無限軌道:トモセシュンサク Pico-ba:Rico いもむや本舗:あずまゆき 涼屋:涼香 みずきちゃんくらぶ:ごとP 5年目の放課後:カントク ルミノシティ:ぺこ apricot+:蒼樹うめ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー(月別)
11 ≪│2021/12│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
同盟
ルイズ同盟
主催者
周防院奏同盟
主催者
アーニャ同盟 ナギ同盟
no.1
セミロリ協会
No.52
  ひだまり同盟
No.02
貴子同盟
No.07
シエスタさん同盟
同盟員番号11番
20060902_38322.png
No.02
麻衣同盟
No,13 
鷹見沢菜月同盟
№001

№079

会員No195

No.89

No.60

NO.31

NO.14

No.263
フェイト同盟
№009

NO.6
ハルヒかわいいよハルヒ同盟
団員その33 幹事長
みくる同盟 生きることは痛みを知る事

みくる同盟
No.9
イリヤ同盟
NO.2
アリス同盟
№08
応援エリア
あかね OFFICIAL WEB SITE
応援
あかね OFFICIAL WEB SITE
無料アクセス解析